Indeed 掲載のお供


Indeed(インディード)で審査落ちしないために。落ちてしまった時の対処方法とは?

Indeedノウハウ

Indeed(インディード)は、機能のアップデートを行うとともに
掲載可否の基準となるガイドラインの更新と、審査の厳格化を進めています。

 

2020年12月のこちらの記事でもご紹介したように、
Indeed(インディード)に掲載している求人は、公開後にも定期的に審査が行われており
ガイドライン違反となる求人は、随時非表示になっていきます。

 

これは、『求人を検索する求職者に最高のユーザーエクスペリエンスを提供する』という
Indeed(インディード)のポリシーに基づくものです。

 

このようなメディアポリシーは、Indeed(インディード)に限ったことではなく
YahooGoogle、さらにFacebookTwitterなどのSNSに関しても
メディア媒体は『ユーザーファーストである』ということがいまや前提となっていますので
どの媒体を利用するにしても、利用規約や掲載可否のガイドラインは必ず確認するようにしましょう。

 

Indeed(インディード)は、求職者ファーストを目指しているため
サイト上の重複案件や、求職者にとって良くない求人は、今後も除外されていくことが考えられます。

一方で、市況の移り変わりや、各業界や市場間に大きな相違があることを踏まえたうえで
審査基準やガイドラインは、定期的にアップデートされていきます。

 

今後掲載する求人原稿はもちろん、現在掲載している内容に関しても
規制に抵触している部分はないか、求職者に誤解を与える表現を使用していないか
今一度見直してみましょう。

今回は、Indeed(インディード)の「審査」について
その内容と、特に注意すべきポイントについて解説していきます。

 

また、「審査に落ちてしまった」「審査がなかなか通らない」という場合に
どのような箇所を確認すべきか、再審査するにはどうしたらよいのか、についても
紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

Indeed(インディード)の審査とは

Indeed(インディード)は、求人情報の掲載から応募者の管理まで
採用活動の一通りを無料で利用できるため、多くの企業に利用されていますが
Indeed(インディード)に求人を掲載するには
アカウント(企業)求人情報が、審査を通過する必要があります

 

アカウント登録後の審査

Indeed(インディード)に求人を掲載するためには
アカウント登録が必要ですが、このアカウントを新規登録する際、
企業情報投稿内容を元に審査が行われます
審査期間は、最大72時間とされていますが
企業の登録内容に不備があったり、求人内容に違反がある場合、
承認に時間がかなり時間がかかったり、または審査落ちしてしまい
スムーズな掲載が出来なくなりますので、アカウント登録の際は
以下リンク先から、登録すべき内容記入の仕方をしっかりと確認するようにしましょう。

・アカウント登録後の審査について

 

求人情報登録後の審査

アカウント登録時に審査が通った後も、
Indeed(インディード)に新しく求人を掲載する際には、その都度
求人内容がIndeed の「求人掲載ガイドライン」に準拠しているかどうかの審査があり
この審査に通らない場合は、Indeed(インディード) に求人が表示されません。
また、公開後にも定期的に審査が行われています。

この「求人掲載ガイドライン」は、求人を検索する求職者に
不利益を与えることなく、また求職者にとって最適な求人を表示するためのものです。
原稿内に求人に関する不適切な表現が含まれている場合や、
同じ内容の原稿が複数掲載されている場合
たとえ一度掲載できていても、随時求人は非公開となります。

ガイドラインの内容は、定期的にアップデートされますので
新しい求人を掲載する際は必ず確認するようにしましょう。

 

求人掲載に関するガイドライン

ガイドラインの重要なポイントを、簡単にまとめました。

■求人に関する規約
基本的なことですが、「求人情報」であることが前提です。

■求職者に費用を課さない
応募者に手数料や必須の研修費等の費用を課してはいけません。

■職種名と職務内容の適切な記載
クリック誘発等の目的で、キーワードや無関係な詳細情報を職種名に含めたり
求人の仕事内容に、その職務に関する詳細情報以外を記載してはいけません。

■不快感を与えるコンテンツ
求人やコンテンツ、メッセージが攻撃的である場合、および、
求職者や採用企業に低俗もしくは違法なコンテンツを含む場合、違反とみなされます。

詳細については、以下リンクで必ず確認しておいてください。
・求人掲載ガイドライン

上記ガイドラインの掲載基準を満たさない求人は
求人検索結果から削除されたり、さらにアカウントそのものが無効化される場合があります。

また、そもそも掲載ができない求人もありますので、こちらも注意しておきましょう。
・掲載できない求人情報

 

それでは、もし「審査がなかなか通らない」「審査に落ちてしまった」という場合は
どうすればいよいのでしょうか?

そうなってしまった場合は、まず登録情報や求人内容に不備がないかを確認しましょう。
よくある不備は、

  • 登録のメールアドレスにGメールなどのフリーメールを利用している
  • 職種名に不要な情報が詰め込まれている
  • 勤務地と会社や事務所の住所が異なっている

などです。

これらの設定や登録を確認しても、問題が無いという場合は、
アカウント情報や求人内容がガイドライン違反となっている可能性が高いため
違反箇所を修正して、再審査してもらう必要があります。

具体的な申請方法について、ご紹介します。

審査に落ちてしまったら

審査に落ちてしまった場合は、
以下のような、掲載不可及びアカウント停止のメールが届きます。

審査落ち連絡

 

このような状況になってしまったら
「再審査を申請する」ボタンから、再審査を依頼しましょう。

流れとしては、以下のようなフローとなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①メールの「再審査を申請する」ボタンをクリック

②管理画面から、必要項目を記入して送信

管理画面

再審査受付メールが届くので、内容を確認して求人原稿の修正が必要な部分を修正

再審査申請

④③で届いたメールに、修正したことを記載して返信

再審査後、掲載可能になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

再審査依頼は上記の流れになりますが、
審査が入ってしまった直後は求人情報・応募者情報ともに
閲覧することができなくなる可能性があります。

もし応募者対応が必要となった場合は、応募通知メールから対応するようにしましょう。

また、審査期間は、時期にもよりますが
時間がかかることを覚悟しておいたほうがよいです。

特に、無料掲載の場合は、審査にかなり時間がかかります
審査待ちをしている間に、募集したい期間が終わってしまうケースも少なくありませんので
このようなリスクも鑑みて、有料掲載を検討してみてはいかがでしょうか。

 

また、同じ求人原稿を過度に再掲載したり、常習的に再掲載することも
求人の露出が低下する原因となりますので注意が必要です。

有料掲載でしかできないこと

無料で求人を掲載できることは、Indeed(インディード)の魅力のひとつではありますが
職種や内容によっては無料掲載では掲載が出来ないものもあります。

■質の低い職種名

職種名の項目に職種以外の文言が含まれている場合は
アカウントが承認されていても、無料で求人掲載ができません。
必要以上の情報や、職種ではないキーワード
記号を含む職種名の求人は、スポンサー求人にする必要がある場合があります。
特典や福利厚生、ボーナスの情報、応募要件、資格などの情報は仕事内容に記載しましょう。

 

■リモートおよび在宅勤務の求人

リモートおよび在宅勤務の求人の投稿は Indeed で許可されていますが、
他のポリシーに違反している場合、求人の露出が減少したり非表示になります。
最近では、在宅勤務の求人が、ポリシーに違反する傾向が見られています。
違反の内容としては、「質の低い職種名」から「承認されていないビジネスモデル」まで
多岐にわたりますが、在宅勤務の求人に関連するよくある違反をご紹介します。

・質の低い職種名(職種名に余分な情報が入っている)
・詐欺またはリスクの高い行為 (転売・ネットオークション・オンラインショップ管理など)
・承認されていないビジネスモデル (マルチ商法企業、ねずみ講など)

在宅勤務の求人は求職者の人気も高く、従来の求人にはないメリットがあり
最近では、かなり案件数も増加している勤務形態ではありますが
求職者にとってはリスクが高い場合もあるため、求人内容を作成する際は
記載の仕方などに特に注意する必要があります。

仕事内容は、明確かつ具体的に書きましょう。勤務地は明確に。
給与体系について、特に歩合制の求人の場合は、仕事内容で明確に説明しましょう。

 

■重複している求人情報

Indeed(インディード) に複数投稿または掲載されている重複の求人情報
Indeed (インディード)サイトに表示されず、有料掲載が必要となります。
同じ職種・勤務地で勤務時間帯が違う求人などでも、
重複求人とみなされないように、仕事内容の書き方を変える等の工夫が必要となります。

 

無料掲載は、完全無料で掲載できる分、審査や準備に時間がかかるため
その手間や工数が確保できず、途中でやめてしまうケースも多いです。

確かに、掲載する前の手続きや準備に時間を取られるのはとても勿体ないですが
それを理由に、Indeed(インディード)という選択肢を消去するのも
採用活動を行う上で良い選択とはいえません。

Indeed(インディード)でスムーズに求人掲載を行いたい、という場合は
ぜひ、有料掲載をご検討ください

 

自社内で工数が確保できない場合は、
Indeed(インディード)を取り扱っている代理店に依頼してみてはいかがでしょうか。

フローや基準が曖昧なまま、手探りで掲載準備を始めるよりは
スピーディーに、正確に、掲載まで進めることが可能です。
(弊社では、基本5営業以内で有料掲載を始められます)

 

今回は、Indeed(インディード)に掲載する前の「審査」について解説しました。
審査に落ちてしまった時の対処や、憂慮すべき点をしっかり確認したうえで
スムーズで効果的な掲載・運用を行っていきましょう。

 

弊社では、Indeed(インディード)掲載の準備から掲載後の運用まで、全てをフォローしております。
Indeed(インディード)の運用に関してもっと詳しく知りたい、相談したいという採用担当者様は
下記よりぜひお気軽にお問い合わせください。

Indeedについてのお問い合わせ先

本サイトは、株式会社デルタマーケティングが運用しております。お気軽にお問合せください。

ご要望に応じて電話・メールで対応いたします

掲載のご相談・お申し込み(土日祝除く)

08079616163

個人情報保護方針

制定日 2017年11月1日
最終改訂日 2020年3月18日
株式会社デルタマーケティング
代表取締役 平井 健一

当社は、当社が取り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守します。また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言します。

人気記事

Indeedの自動調整が4種類に!目標に合わせてIndeedの効果を最適化!

Indeed NEWS

【2021年10月】求人ボックスの大型アップデートとは

Indeed NEWS

直接投稿だけの新機能!Indeedに自動面接予約の機能追加で面接までをサポート!

Indeedノウハウ

新着記事

Indeedの自動調整が4種類に!目標に合わせてIndeedの効果を最適化!

Indeed NEWS

【2021年10月】求人ボックスの大型アップデートとは

Indeed NEWS

「採用DX」とは?応募者対応をDX化するための方法

みんなの悩み

記事カテゴリ