Indeed 掲載のお供


【Indeed(インディード)への掲載方法】クローリングと直接投稿、どちらが良いの?

Indeedノウハウ

Indeed(インディード)に求人情報を掲載したい、と考えたときに
お悩みポイントとしてよく挙げられるのは、主に2つでしょう。

 

・有料で掲載するか、無料で掲載するか
・クローリングにするか、直接投稿にするか

 

今回は、「クローリングにするか、直接投稿にするか」で悩んだときのために
それぞれの投稿方法について、解説していきます。

 

(※無料掲載と有料掲載の違いについては、以前こちらの記事で解説していますので
ぜひこちらもご参考にしてみてください。)

 

Indeed(インディード)に求人情報を掲載するためには、以下2つの方法があります。

 

・クローリング
⇒Indeed(インディード)独自のプログラムがインターネット上のサイトを巡回
情報を収集した結果が、Indeedサイトに自動的に掲載されます。

 

・直接投稿
⇒Indeed(インディード)にアカウントを開設し、直接求人情報を入力することで
求人情報を掲載します。

 

この2つの方法の仕組みや、考えられるメリット、
また、それぞれ効率や結果に違いがあるのか、
投稿方法による違いについて、掲載結果を検証・考察していきます。

目次

①検証方法

検証方法

検証方法と内容について解説致します。

複数の求人案件をクローリング直接投稿の2グループに分け、
オーガニック・スポンサーでそれぞれ同期間で掲載し、その結果を比較・検証する。

※求人案件選別時の注意点
・グループ分けの際は、ランダムかつ2つのグループの表示回数等がなるべく均等になるようなものを選ぶ
・その他の条件もなるべく統一する(原稿を新しくしたり、原稿の中身を極端に変えたりしない)

 

ここで、クローリングされる条件について、復習しておきましょう。

———————————————

①自社サイトに求人ページがある

まず、大前提として、求人情報が自社サイトに掲載されている必要があります。
他の求人情報サイト上の求人情報は、クローリングさせることができません。
(※一部例外もあります。)

②HTML形式で作られている

クローリングでは求人情報のテキストを読み込むため、HTML形式で記載されている必要があります。
PDFや画像で求人情報を載せている場合、クローリング対象となりません。

③応募方法が明記されている

どのように応募すべきか、応募方法が記載されている必要があります。
たとえば以下のような案内が記載されていれば問題ありません。
「〇〇まで履歴書を郵送ください」
「こちら(番号)までお電話ください」
「下記フォームよりご応募ください」

④仕事内容、勤務地、条件等がしっかり記載されている

仕事内容、雇用形態、給与、勤務時間・曜日、休日、勤務地、最寄駅等の情報が
しっかりと詳細まで記載されている必要があります。

⑤求人ごとにURLが指定されている

1職種×1勤務地ごとに、固有のURLを持つ、それぞれのページが必要です。
Indeed(インディード)上でも、それぞれ別の求人情報として表示されます。
※同時に募集している職種をすべて同じページで表示させている場合は
Indeedのクローリング対象となりません。
———————————————

全ての条件を満たしている採用ページを持っている場合は
アカウントの管理画面から、クローリング依頼の申請を送りましょう。

もし、申請して何日たっても掲載されない、という場合は
上記の条件を満たしていない可能性が高いです。
とくに④に関しては見落としがちなので、情報が十分かどうか確認してみましょう。

②検証結果

それでは検証結果をみていきましょう。

■検証結果:表示回数

表示回数

・スポンサーでは、直接投稿の方が約44%多くなった
・オーガニックは、クローリングの方はインプレッションが発生しませんでした
・案件全体でみると、直接投稿の方が 62%表示回数が多くなった

 

■検証結果:クリック数

・スポンサーでは、直接投稿の方が約24%多くなった
・案件全体でみると、直接投稿の方が 44%、クリック数が多くなった
※クローリングのオーガニックはお気に入り機能からの流入が推測されます

 

■検証結果:クリック率

・スポンサーには、クローリングの方が約34%多くなった
・案件全体でみると、クローリングの方が 46%、クリック率が多くなった

 

上記のように、閲覧データに関しては、
クローリング投稿よりも直接投稿のほうが効果が良い
という結果になりました。

③考察

今回の検証では、表示回数・クリック数は、直接投稿のほうが多くなる
という結果となりました。

直接投稿の方が、Indeed(インディード)が読み込みやすい形式になっているものと思われます。
また、クローリングの原稿のほうがクリック率が高くなった要因としては
クローリングの原稿には、写真や動画が掲載されていることが推測されます。

直接投稿、クローリング投稿の特性を知っておくと
状況や目的によって、使い分けることができます。

 

クローリングのメリット

・自動的に掲載されるため、複数職種を求人しやすい
⇒直接投稿を行う場合は、募集職種ごとに求人情報を入力しなければならないため
多数の職種を求人掲載したい場合、かつ、自社のサイトに求人情報を掲載している場合は
クローリング掲載したほうが、工数が削減できます。

・表現の自由度が高い
⇒Indeed(インディード)の検索結果から自社のサイトに誘導するため
様々な写真や動画を使って、より詳細なメッセージを魅力的に表現でき
ユーザーにアピールすることができます。

・ほかのアグリケーションサイトにも対応可能
⇒求人ボックスやスタンバイなどIndeedと同様のサービスに掲載する際に
対応しやすいことはメリットです。
サービスごとに原稿作成をしてしまうと、原稿内容の修正に手間がかかったり、
原稿内容やデータが煩雑になり管理できなくなってしまう可能性があります。
他サービスでも掲載したいと考えている場合は
クローリング掲載したほうが、工数が削減
できます。

 

直接投稿のメリット

求人情報が簡単に投稿・編集できる
⇒決められたフォーマットに入力していくだけで、簡単に求人募集が可能です。
また、掲載した後も簡単に原稿の修正や改善が可能なため、応募状況をみながら
ブラッシュアップしていくことができます。

求人情報の注目ポイントを表示させるアイコン・ラベルが選択可能
⇒「社員登用あり」「昇給・昇格あり」「残業なし」「週1日からOK」など
注目ポイントを表示させる「タグ」機能を利用して、求職者にアピールできます。
ラベルに関してはこちらの記事も参考にしてみてください

・応募方法の選択が可能
⇒履歴書不要の「Indeedカンタン応募」や、履歴書必須の「Indeed履歴書応募」を
利用して、応募のハードルを下げることができます。

 

自社の求人案件の状況はいかがでしょうか?
自社サイトが古い、スマホに対応していない、応募フォームが無いなど
自社の求人ページに問題がある場合は、直接投稿のほうがよいでしょう。

また、早期に効果を出すなら直接投稿、サイト集客に使うならクローリング
目的によって使い分けをすることによって、採用効率を上げることが可能です。

掲載を検討する前には、必ず自社の状況と、掲載の目的を確認するようにしましょう。

 

弊社デルタマーケティングは、直接投稿も得意とするIndeed(インディード)代理店​です。
直接投稿での掲載企業が9割以上、​同時掲載求人数が100件を超える運用も行っております。
直接投稿で効果を出していきたいという方は、ぜひお問い合わせください。

Indeedについてのお問い合わせ先

本サイトは、株式会社デルタマーケティングが運用しております。お気軽にお問合せください。

ご要望に応じて電話・メールで対応いたします

掲載のご相談・お申し込み(土日祝除く)

08079616163

個人情報保護方針

制定日 2017年11月1日
最終改訂日 2020年3月18日
株式会社デルタマーケティング
代表取締役 平井 健一

当社は、当社が取り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守します。また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言します。

人気記事

Indeedの自動調整が4種類に!目標に合わせてIndeedの効果を最適化!

Indeed NEWS

【2021年10月】求人ボックスの大型アップデートとは

Indeed NEWS

直接投稿だけの新機能!Indeedに自動面接予約の機能追加で面接までをサポート!

Indeedノウハウ

新着記事

Indeedの自動調整が4種類に!目標に合わせてIndeedの効果を最適化!

Indeed NEWS

【2021年10月】求人ボックスの大型アップデートとは

Indeed NEWS

「採用DX」とは?応募者対応をDX化するための方法

みんなの悩み

記事カテゴリ