転職世論調査 転職先を選ぶ際の最優先事項は?

リクルートキャリアは4月4日、転職者を対象に実施した「第30回転職世論調査」の結果を公表しました。この調査は、転職の決め手や不安など転職者の意識について調査したものです。

 

■残業時間を重視
調査結果によると、転職先を選ぶ際にどの程度重視したかという問いについて男女ともに最も高い割合となったのは「平均残業時間」でした。「とても重視した」「重視した」を合わせると、女性が76.3%、男性が52.6%でした。 次いで、「中途採用の実績」「平均勤続年数」を重視したと答えた割合がくいずれも男女
で大きな差はありませんでした。
一方、「育児休業取得率」は男女差が大きく、「とても重視した」「重視した」を合わせると女性が321%と比較的高かったのに対し、男性は2.8%でした。

■「やりたい仕事がある」最優先
転職先を選ぶ際の優先事項としては、全休の約6割が「年収額」と「勤務地」と答えています(複数回答)。次いで「待遇・福利厚生」「企業の規模や安定性」「企業の将来性」「休日・休暇」と答えた人が5割前後となっています。 ただし、最優先項目を単一回答でたずねると結果は大きく変わります。複数回答の結果では7番目だった「やりたい仕事があったから」が、単一回答では般も高く24.8%でした。

logo
株式会社デルタマーケティング
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-8-2 いちご桜橋ビル3階
TEL03-4580-1234 FAX03-4580-1235
お問合わせ・ご相談は電話または、メールフォームにて受け付けております。
受付9:00~18:00TEL03-4580-1234 webからのお問合わせはコチラ

© 2018 株式会社デルタマーケティング All Rights Reseved.