大卒初任給、2年ぶり減で20万円割れ–最も低かった産業は男性が”医療・福祉”

厚生労働省は15日、2012年「賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果を発表した。同調査は、10人以上の常用労働者を雇用する民営事業所のうち、新規学卒者を採用した14,109事業所について取りまとめたもの。実施時期は7月で、新規学卒者の6月分の賃金を調査した。



大学卒の平均初任給

前年比1.2%減の199,600となり、2年ぶりに減少したことが判明。男女別に見ると、男性は同1.6%減の201,800円、女性は同0.7%減の196,500となった。

 

◆大学院博士課程修了者の初任給

前年比3.6%減の226,100円で、男性は同3.5%減の225,600円、女性は同3.8%減の228,400。高専・短大卒の初任給は同1.4%減の17100円で、男性は同1.4%減の173,000円、女性は同1.2%減の168,400円となった。一方、高校卒の初任給は157,900円で、同0.9%増加。男女別では、男性が同0.4%増の16100円、女性が同1.2%増の153,600円だった。

 

◆企業規模別

大卒では、大企業(常用労働者1,000人以上)が前年比2.5%減の202,200円、中企業(100999)が同2.0%減の198,200円となったのに対し、小企業(1099)は同3.7%増の196,500となった。一方、高校卒では、大企業が同0.3%増の159,400円、中企業が同1.2%増の157,600円、小企業が同0.8%増の156,800円となっている。

 

◆産業別

大卒で最も初任給が高かった産業は、男女ともに「学術研究、専門・技術サービス業」。男性が213,300円、女性が208,100円。以下、男性は2位「情報通信業」205,800円、3位「建設業」205,700円、女性は2位「情報通信業」204,400円、3位「卸売業、小売業」199,800と続いた。反対に、最も低かった産業は、男性が「医療、福祉」で191,500、女性が「宿泊業、飲食サービス業」で186,700円となった。

高校卒で最も初任給が高かった産業は、男性が「建設業」で166,200円、女性は「生活関連サービス業、娯楽業」で164,500円。以下、男性は2位「生活関連サービス業、娯楽業」165,900円、3位「情報通信業」164,200円、女性は2位「学術研究、専門・技術サービス業」157,800円、3位「運輸業、郵便業」157,500円との順となった。一方、最も低い産業は、男女ともに「金融業、保険業」で、男性が141,400円、女性が145,000円だった。

初任給の分布について調べたところ、大学卒では、男女とも20万円台が最多で、男性が41.2%、女性が29.2%。高校卒では、男性は16万円台が35.1%と最も多かったのに対し、女性は15万円台が30.7%で最多となった。

 

マイナビニュース

http://news.mynavi.jp/news/2012/11/16/070/

 

logo
株式会社デルタマーケティング
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-8-2 いちご桜橋ビル3階
TEL03-4580-1234 FAX03-4580-1235
お問合わせ・ご相談は電話または、メールフォームにて受け付けております。
受付9:00~18:00TEL03-4580-1234 webからのお問合わせはコチラ

© 2018 株式会社デルタマーケティング All Rights Reseved.