就活の不安「内定を貰えるか」6割強。「自分に合った企業を見つけられるか」が8割

人材採用コンサルティング会社、株式会社ジョブウェブ (本社:東京都港区 代表取締役社長:佐藤孝治 以下、当社)は、2012年12月6日~12月16日に、2014年度卒のジョブウェブ会員の学生を対象に就職活動に関する調査を行い、「就職活動に対する自信」「就職活動に関して不安に思っていること」について尋ねました。その結果、「内定も貰えるし、自分に合った会社に行けると思う」という学生は1割強で、8割強が「内定を貰えるか」「自分に合った企業を見つけられるか」といった不安を抱えていることが明らかとなりました。その中でも、「内定を貰えるかどうか不安」という学生は6割強という結果となりました。

■調査概要:調査期間2012年12月6日~12月16日・調査対象2014年度卒業予定のジョブウェブ会員263名 (早稲田大学26名 慶應義塾大学14名 東京大学11名 立命館大学11名 明治大学10名 京都大学9名 同志社大学9名 他)

【6割強が「内定を貰えるか不安」・就職活動の多忙さによる準備不足を懸念】

 就職活動に対する自信については、「内定も貰えるし、自分に合った会社に行けると思う」と回答した学生は1割強(14.4%)と少数派で、8割強(85.6%)が「内定を貰えるか」「自分に合った会社を見つけられるか」のいずれか、もしくは両方について不安を抱えていることが分かりました。その中でも、内定を貰えるかどうかという不安を抱える学生は6割を超えていました(「自分に合った会社は見つけられると思うが、内定を貰えるかどうか不安」:39.5%、「内定を貰えるかどうかも自分に合った会社を見つけられるかどうかも不安」:26.2% 合計65.7%)。就職活動に対する不安については、「今後に向けて十分な準備・対策ができるか」「選考に通過できるか」「自分に合った企業を見つけられるか」というコメントが多く寄せられていました。また地方の学生からは、東京の学生との情報量やセミナー等の開催数の差に不安があるとのコメントも寄せられていました。

Q:就職活動において不安に思っていることを教えてください

12月になりセミナーに通う毎日であまり自己分析、筆記対策、ESのテンプレ作りなどにさける時間がなくて困っています。セミナーの数を少し減らそうかとも考えているのですが企業情報も知りたいし、参加回数を数えられているのではと不安にもなります。(文系男性)
12月から解禁になり、遅くなったのは良いがその分短期間でやらなければならないことがぎゅっと詰まり、忙しすぎます。理系院生にとっては研究しながらなので時間がなさすぎます。(理系・女性)
とにかく内定がもらえるかどうかが不安です。ロジカルに話すことができず、面接で上手く自分をアピールすることができません。(文系・女性)
自己分析をしていてもやはりこれだ!という強みが見つけられない。自己アピールが苦手で面接がとにかく不安。(文系・女性)
数多くある企業の中で、どうやって自分に合った会社を見つければ良いのかがわからない。(文系・女性)
自分の大学が東京から遠隔地であるため、情報や足並みの軽さがどうしても都会の学生に比べ劣ること。(文系・男性)

【考察】

本調査では6割強の学生が内定を貰えるかどうかという不安を抱えていることが明らかとなりました。2013年度卒学生から、本格的なスタートは12月となった就職活動。説明会開催のピークは後ろ倒しになったものの選考の時期は例年と殆ど変わらず、学生達は短期間で集中して業界・企業研究・説明会参加・選考対策等に取り組んでいます。学生から寄せられたコメントを見ても、この多忙さが「準備が不十分なのではないか?」「選考を通過できるだろうか?」等の不安を生む一因になっていることが伺えます。(株式会社ジョブウェブ 学生調査担当 小山)

新卒採用メディアのジョブウェブ


logo
株式会社デルタマーケティング
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-8-2 いちご桜橋ビル3階
TEL03-4580-1234 FAX03-4580-1235
お問合わせ・ご相談は電話または、メールフォームにて受け付けております。
受付9:00~18:00TEL03-4580-1234 webからのお問合わせはコチラ

© 2020 株式会社デルタマーケティング All Rights Reseved.