新入社員の頃の夢、6割以上が実現していない!

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(以下、ハイアス)は、新入社員の入社時期に際し、「理想と現実に関する意識調査」を18歳以上の男女1,273名を対象に実施した。

【調査概要】

●調査名:「理想と現実に関する意識調査」
●調査方法:ハイアス運営サイト「ハッピーリッチ・アカデミー」
  「二世帯住宅大作戦」「住宅ローン大作戦」「土地活用大作戦」上での
  アンケートにて選択式にて回答を得た。
●調査対象:18歳以上のインターネットユーザー
●調査期間:2013年3月27日~4月1日
●有効回答数:1,273名(男性60.0%、女性40.0%)

【調査結果】

●新入社員の頃、会社で働こうと思っていた年数、「定年まで」がTOP。しかし現実は…

新入社員だった頃、何年会社で働こうと思っていたか聞いたところ、「定年まで」が44.4%で最も多く、次いで「3年以上5年未満」が17.4%、「5年以上10年未満」が14.2%という結果となった。しかしながら、厚生労働省の発表したデータによると、実際はこの15年以上、中卒の6~7割、高卒の4~5割、大卒の約3割が3年以内に離職している状況だ。(参考:厚生労働省「新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移」平成24年10月発表分)

●新入社員の頃の夢TOP3「満足な年収の獲得」・「管理職」・「終身雇用」

新入社員だった頃の夢では、「満足な年収の獲得」が47.3%で最も多く、次いで、「管理職になる」が18.1%、「終身雇用される」が16.7%となった。また、年代別でみても、「満足な年収の獲得」は全年代を通じて一番割合が高くなっている。しかし、平成13年から23年までの約10年間で給与所得者の平均給与額は454万円から409万円まで減少しており、理想の実現は難しくなってきていることが伺える。(参考:国税庁「民間給与実態統計調査」平成24年9月発表分における1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与)

●新入社員の頃の夢、6割以上が実現していない!

新入社員の頃の夢が実現したか、もしくは実現に近づいているか質問したところ、「実現しなかった(実現に近づいていない)」・「ほぼ実現しなかった(ほぼ実現に近づいていない)」の割合が63.8%で6割を越える結果となった。年代別で夢の実現率をみてみると、新入社員だった頃から、相応の時間が経過している50代でも実現していない層が59.6%と約6割となっており、60代以上でやっと44.8%と半数以下となっている状況で、夢の実現の難しさを明示する結果となった。

●憧れの先輩になれていない、8割以上!

自分は新入社員にとって、入社時憧れていた先輩のような存在になれていると思うか、と聞いたところ、「なれていない」が81.7%と、8割を越える結果となった。年代別にみても、年代の上昇とともに憧れの先輩のような存在になれている割合は増加するものの、60代以上においても約7割が「なれていない」と回答した。憧れの先輩のような人になりたいといった理想と、現在の自分という現実の間には、ギャップが生じているようだ。

●マイホームを持つことが夢、半数以上。しかし、未購入者の8割は実現に近づいていない

マイホームを持つことは夢であるか(夢だったか)聞いたところ、52.3%が夢であると回答し、”夢のマイホーム”という考え方を半数以上が持っているという結果だった。また、年代別でみると、若い年代のほうがマイホームを持つことを夢と捉えている傾向が強くなっている。
さらに、マイホームを持つことが夢で、現在マイホームを持っていない方を対象に、どのようなマイホームを持ちたいか聞いたところ、「一戸建て」が最も多く69.6%、次いで「マンション」が21.1%、「二世帯住宅」が9.3%という結果となり、夢のマイホームといえば「一戸建て」という意見が圧倒的だ。
加えて、マイホームの夢は実現に近づいているかどうか聞いたところ、「実現に近づいていない・ほぼ実現に近づいていない」との回答が8割を越えており、夢の実現までは、まだ遠い状況の方が多いようだ。
また、マイホームを持つことを夢と捉えていない約半数に理由を聞いたところ、「持ち家は当然のこと」といった声や「自分の力で建てられる家の限界を知っているから」「ローンが大変」という経済的な理由が挙がった。

●”夢のマイホーム”の理想と現実にギャップ、377人の全ての回答者が「ある」!

マイホームを持つことが夢であった住宅既購入者を対象に、思い描いていたマイホームと現実のマイホームに差があるか聞いたところ、380人全ての回答者が「ある(「ある」27.6%・「どちらかと言えばある」72.4%の総計)」と回答した。具体的にどんな点に差を感じるか聞いたところ、「一軒家が良かったが、マンションになっている」「家の大きさ」「庭がない」といった戸建てと集合住宅における違いや広さ関連のギャップのほか、「部屋の間取り」といった間取り関連、「夏暑く、冬寒い点」「耐震装置とか太陽熱装置を取り入れたかったが実現していない」などの性能関連、「ローン地獄」という住宅資金関連のギャップなど、多岐に渡りギャップが発生していることが分かった。残念ながら、せっかくマイホームを購入しても、理想と現実にギャップを抱えている方ばかり、という厳しい結果となった。

●マイホームに点数を付けると平均67点

住宅既購入者を対象に、マイホームに点数を付けるとしたら100点満点中何点か聞いたところ、平均66.8点という結果となった。夢であるマイホームも実際に持つと、理想通りにならないことが多いようだ。また、マイホームに住んでいる期間別で見てみると、「1年未満」は点数が低く、「1年以上5年未満」で点数が70点を超えるのを頂点に、以降、年数が経っているほど点数が低くなっている。これは、「1年未満」は引渡し時のトラブルなどが不満につながりやすく、「5年以上」は家族のライフステージの変化による間取りへの不満や修繕が必要な箇所が出てくる、といったことから、点数が低めになっていると考えられる。

R+house[アール・プラス・ハウス]

logo
株式会社デルタマーケティング
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-8-2 いちご桜橋ビル3階
TEL03-4580-1234 FAX03-4580-1235
お問合わせ・ご相談は電話または、メールフォームにて受け付けております。
受付9:00~18:00TEL03-4580-1234 webからのお問合わせはコチラ

© 2018 株式会社デルタマーケティング All Rights Reseved.