ハローワーク経由の障害者の就職、2014年度過去最多に

厚生労働省は、2014年度にハローワークを通じて就職した障害者は、13年度と比べて8.6%増の8万4602人だったと発表。調査を始めた1970年度以降、5年連続で過去最多を更新し、精神障害者の採用が大きく増えたとされています。

 

内訳は、精神障害者3万4538人(同17・5%増)、身体障害者2万8175人(同0・5%減)、知的障害者1万8723人(同6・1%増)、発達障害などその他の障害者3166人(同25・5%増)。産業別では、医療・福祉、製造業での増加が目立ち、都道府県別では、福井68・3%、富山67・7%、徳島67・2%が、就職率が高い結果となりました。

 

民間企業や官公庁に一定以上の障害者を雇うよう義務付けた障害者雇用促進法が2013年度に改正され、法定雇用率が1.8%から2.0%に引き上げられたことが背景とみられます。企業が採用に前向きになるとともに、障害者の新規求職申込者は13年度比5.7%増の17万9222人と障害者の就労意欲も高まっています。

 

精神障害者は、18年度以降、従業員に占める障害者の割合「法定雇用率」に算定されることから、大手企業を中心に先行して採用に取り組む企業がでてきているようです。

logo
株式会社デルタマーケティング
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-8-2 いちご桜橋ビル3階
TEL03-4580-1234 FAX03-4580-1235
お問合わせ・ご相談は電話または、メールフォームにて受け付けております。
受付9:00~18:00TEL03-4580-1234 webからのお問合わせはコチラ

© 2018 株式会社デルタマーケティング All Rights Reseved.