厚労省 喫煙対策で助成金を充実

厚生労働省は、5月16日、職場における受動喫煙防止対策をより効果的に推進するために、助成金制度を改正しました。

 

厚生労働省では、労働者の健康を確保するため、平成2310月より、受動喫煙を防止するための助成金制度を開始しており、この制度は旅館業、料理店、飲食店を経営する中小企業事業主を対象に、職場での受動喫煙を防止するため、喫煙室の設置などを行う際に利用されてきました。

 

 今回の改正では、適用対象を拡大すると共に、補助金率の引き上げを行いましたが、
 主な改正点は、以下の3点となります。

. 対象事業主をすべての業種の中小企業事業主に拡大
. 補助率を費用の1/4から1/2に引き上げ (但し上限200万円まで)
. 交付の対象を喫煙室の設置費用のみに限定 (従来は換気設備等の設置費用も対象であった)

 

企業は、労働者の生命・身体等の安全に配慮する義務を負っており(安全配慮義務。労働契約法5条)、企業は、労働者の受動喫煙を防止する措置を講じるよう努める義務があるとされる(健康増進法25条)。企業が安全配慮義務等を怠り、労働者に損害が生じた場合は、企業に損害賠償責任が生じます。

 

このように企業は、従業員の健康を守るため、喫煙対策を講じる必要がありますが、中小企業にとっては、設置費用が非常に大きな負担となります。
従来の補助金制度は、顧客が喫煙することを前提とする飲食業などに限定されていたが、今回の改正では労災保険法適用対象の全ての中小企業に拡大され、中小企業の負担は軽減されたといえます。

 

企業法務ナビ

logo
株式会社デルタマーケティング
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-8-2 いちご桜橋ビル3階
TEL03-4580-1234 FAX03-4580-1235
お問合わせ・ご相談は電話または、メールフォームにて受け付けております。
受付9:00~18:00TEL03-4580-1234 webからのお問合わせはコチラ

© 2018 株式会社デルタマーケティング All Rights Reseved.