障害者の就職 3年連続最多に

昨年度、全国のハローワークを通じて就職した障害者は、およそ6万8000人と3年連続で過去最多となり、厚生労働省は、「先月企業に義務づけられる障害者の雇用率が引き上げられたが、それに備えて企業が求人を増やしたためではないか」と分析しています。

 

厚生労働省によりますと、昨年度1年間に全国のハローワークを通じて就職した障害者は6万8321人で、前の年度に比べて8954人、率にして15%増加し、3年連続で過去最多になりました。

このうち最も就職が進んだのは精神障害者で、2万3861人と前の年に比べて26%増の大幅な伸びとなったほか、次いで知的障害者が1万6030人で11%、身体障害者が2万6573人で6%、それぞれ増加しました。

産業別では、医療・福祉が1万8753人と最も多く、前の年度より27%増加したほか、卸売業・小売業が1万308人と15%、製造業が9589人と14%、それぞれ増えました。

 

厚生労働省は、「先月、企業に義務づけられる障害者の雇用率が引き上げられたが、それに備えて企業が障害者の求人を増やしたためではないか。軽度の身体障害者や知的障害者の雇用が進み、採用しにくくなっているため、精神障害者を雇おうという企業が増えている」と話しています。

logo
株式会社デルタマーケティング
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-8-2 いちご桜橋ビル3階
TEL03-4580-1234 FAX03-4580-1235
お問合わせ・ご相談は電話または、メールフォームにて受け付けております。
受付9:00~18:00TEL03-4580-1234 webからのお問合わせはコチラ

© 2018 株式会社デルタマーケティング All Rights Reseved.