夏の賞与、2年連続マイナス 前年比1.4%減

 厚生労働省が31日発表した毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、6~8月に支払った賞与(夏のボーナス)は1人当たり35万8368円と、前年に比べ1.4%減少した。前年を下回るのは2年連続で、支給額は統計が現在の形になった1990年以降で最低の水準だった。東日本大震災やタイの洪水、円高などで前期の業績が振るわなかった企業が多く、製造業が3.1%減少した。建設業は12.5%減。半面、卸売業・小売業は5.3%増、医療・福祉は3.1%増だった。

 同時に発表した9月の現金給与総額は前年同月比横ばいの26万6196円だった。ボーナスなどの「特別に支払われた給与」が7.0%増えた一方、残業代などの所定外給与が0.8%減と13カ月ぶりにマイナスへ転じたことが響いた。

 製造業の所定外労働時間は4.2%減の14.4時間と2カ月連続のマイナス。季節調整値でみても前月比2.4%減少した。

日本経済新聞

厚生労働省発表資料

logo
株式会社デルタマーケティング
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-8-2 いちご桜橋ビル3階
TEL03-4580-1234 FAX03-4580-1235
お問合わせ・ご相談は電話または、メールフォームにて受け付けております。
受付9:00~18:00TEL03-4580-1234 webからのお問合わせはコチラ

© 2018 株式会社デルタマーケティング All Rights Reseved.